潜在意識 丸投げ

潜在意識に丸投げする:潜在意識に丸投げ:潜在意識で幸せになる

潜在意識は完璧なので、私達が思考して目標を定めたり、願いを明確にしたりすることも不要です。完璧な潜在意識が最善の結果を実現するのを妨害しないように、思考を止める...:潜在意識に丸投げする:潜在意識に丸投げ:潜在意識で幸せになる

スポンサーリンク

潜在意識に丸投げする

潜在意識は完璧なので、私達が思考して目標を定めたり、願いを明確にしたりすることも不要です。
完璧な潜在意識が最善の結果を実現するのを妨害しないように、思考を止めるのが正解です。
すべては、完璧な潜在意識が決定し、そして、それを現実にするというのです。
目的や目標。善悪の判断ですら、すべて潜在意識に任せてします。
すべては完璧な潜在意識が行なうという考えを定着させる必要がある。
それを行なうのがアファであり、そのアファが必要ないと感じるまで続けて行なうのが良いでしょう。
潜在意識に丸投げすることは、潜在意識を信頼しているということの表明でもあるからです。
その信頼感だけを見ても、良い結果だけが現実になることがわかると思います。
そう、考えていることが現実なるのですから、潜在意識は完璧だと考ええいれば、それは現実になるんです。
潜在意識の法則は「考えていることは現実になる」ですから、潜在意識は完璧だと考えているものには、完璧な潜在意識が経験されるんですね。
古くはジョセフ・マーフィー師の書籍でも、潜在意識の法則は宇宙の法則と同根であると言われています。
宇宙を創造、維持している法則と同じ力が私達の潜在意識にはあると、あるいは、同じところからその力(潜在意識)は来るんだということです。
このような考え方は、引き寄せの法則でも言われています。
それはそうですね、引き寄せの法則は、潜在意識の法則として伝えられてきたことを、言葉を変えて説明しているだけですから・・・。
さらには、私達の身体を作り上げ、成長させ、生存させている生命力そのものだとも言われています。
ほらね、潜在意識は初めから完璧だったんだというのと、なんの違いもないですね。
ジョセフ・マーフィー師も、顕在意識で決められないような問題は、潜在意識が最善の結果を出す。
あるいは、潜在意識が正しい答えを与えてくれる。というように、潜在意識に投げ出しているんです。
ここで、ん??。って思っていたんです。
私達の思考で一番いいと思える願いを決める事ができるのか??って。
私達の思考では答えが出せない問題では、潜在意識にその答えを出してもらおうとするのなら、思考で明確にできると思える問題でも、潜在意識にその答えを出してもらう方が良いのではと。
ですから、今回の結論は、自分の思考を止めて、完璧な潜在意識に丸投げする。方法が最高だということです。
自分の考えで目的や目標を決定して、潜在意識に引き渡して、それを受け取り、うまくいっている人はそのまま続ければいいでしょう。
でも、そうじゃない人は、完璧な潜在意識を信頼して、自分の思考を止めてしまうことが最善だということです。
スポンサーリンク



潜在意識がすべてを行っている

「潜在意識がすべてを行っている」という考え方があり、その考えを選択すると人生が楽になります。 信じられる人は、すんなりと信じることができるんです。 実例としてあげられるのが、心臓の鼓動・呼吸等々の自然に行われている身体の不思議です。 私たち・・・
  ≫ ≫ 続きを見る